居合道について

 【居合道とは】

 

居合道(いあいどう)とは、林崎甚助公によって創始された武術である抜刀術・居合を武道としたものである。

居合道とは、日本刀を用い、抜刀から納刀、および諸作法を通し技能の修練のみならず
人格の涵養なども含めた各自による自己修練のこと。 現在、座った状態で、鞘から刀剣を抜き放ち、
さらに納刀に至るまでをも含めた技術を、一つの独立した武道と成している国は、全世界でも日本のみで、実は非常に稀有なものである。

それぞれの団体において段級位制があり精進を重ね、形を演武し所定の審査と試験を経て
段位及び範士、教士、錬士という称号を授かる。
級位制度は一級が最高であるが、段位制度は階段を果てしなく昇れるように修行が進むほどに数字が大きくなるように創設された。

 

 

【居合道へのお誘い】

居合道とは敵の殺気を感じて、一尖是を一刀の下に倒すと言う武道の極致の技であります。
従って精神修養の上からは最高の事であります。

刀を使って行うので真剣にやらざるを得ないので雑念を払いストレスを解消しやすいのと、
常に礼儀正しく且つ姿勢を正しく保たなければならないので、美容と健康には是又最適なものであります。

さらに外のスポーツや武道に比べて過激な運動でもありませんから、子供からお年寄り、ご婦人まで、
誰にでも容易く取り組み易い武道であります。

また刀とはいっても初心の内は刃の無い物で行います。当会では指導者がその人に応じて、
懇切丁寧にお教えますので、是非今日からでも始められる事をお勧め致します。<刀水会師範 教師八段 重田昭男>

 

 

 

TOPへ

inserted by FC2 system